ウタイアートカンパニー
BLOG

オトトレ ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 全部
  4. 悪い思い込みをやめる

悪い思い込みをやめる

「悪い思い込み」による自信喪失をよく見かけます。 
自分に悪い暗示をかけてしまうのことで そのキャラクターが定着してしまいます。

 確かに、練習を重ねてもなかなか出ない声もあります。 性質的に向いていない場合や、 そのレベルまで技術や心構えが到達していない場合です。 

前者の場合でどうしても諦められない場合は 自分ができることを踏まえた上で似せることは可能です。

 後者の場合は、段階を踏んで行きましょう。 
3段の跳び箱が飛べない人が 10段の跳び箱を飛べないのと同じです。
 その場合は、「どうせできない」ではなく、 「いつかできる」という風に成長を楽しめるようにしましょう。 

自分の可能性を止めることなく、 まずはオーバーにでも構わないので、 「やりたいこと」をしっかりイメージします。 

「やれること」ではなく、「やりたいこと」です。 

自分がうっとりするくらいイメージできたら、 「やれること」と向き合いましょう。 「何が足らないのか」わかって来ますよ! 


そして、思い込みの他にも、 恥ずかしがることで本来のポテンシャルが 発揮されていない場合もよく見受けられます。
そして、思い込みの他にも、 恥ずかしがることで本来のポテンシャルが 発揮されていない場合もよく見受けられます。 

張りのある輪ゴムと、伸びきった輪ゴム、 同じ力で弾いた時、どちらが遠くへ飛びますか? 簡単ですよね。

 ある程度の勢いや力がないとパワーは出ないものです。 照れてクニャクニャっとしてしまうと、 出る力もクニャクニャとしてしまいます。 恥ずかしがらずに、自信をもち、凛としていましょう。

 自信の現れは姿勢にも出ます。 
逆に言えば、姿勢を正せば心構えが変わります。 
形から入ることも時には必要です。

 いやいや、自信が合ったら悩まないよ! と言う方も多いでしょう。 おっしゃる通り、自信をつけるのって大変ですよね。

 では、自信はどうやってつけるのでしょうか。 

それはまた次回のブログで♪ 

ウタイアートカンパニー https://utaiartcom.com 

音楽、芸術を愛する事業。
体験レッスン 25分500円 50分1000円
楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事