ウタイアートカンパニー
BLOG

オトトレ ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 全部
  4. 音の入りは命で、終わりで、途中で、始まり。

音の入りは命で、終わりで、途中で、始まり。

タイミングって大切ですよね。
これは日常ではもちろん、音楽でも重要なことです。

そして、その影響を一番受けると言っても良いのが、「音の入り」。
フレーズの頭、言葉の頭、表現の頭、全ての「頭」です。

音楽は流れとともに存在し、その流れはリズムや呼吸によってタイミングよく紡ぎ出されます。
もちろん、細かく書けば、様々な要素が存在しますが、
全ては繋がっているのです。


ですから、「入り」と言っても、突然始まるなんてことは「ありません。」


あえてややこしい書き方をしますが、
「スタート」するための「準備」も「スタート」もあり、それは
「途中」であり、「終わり」であり、「全て」なのです。


つまり、私たちは常に自然でいて、常に言葉や音楽を大切に思っていればいいのです。


その中で、「自分がうまくコントロールできない部分」について
学んだり、繰り返したり、鍛錬すればいいのだと思います。

それは、リズムの表と裏を知ることや、
言葉の子音や母音を知ること、
呼吸の仕組み、体の仕組み、心、

つまりは、自分のことを知れば良いのです。

何秒息を吐くためにどれくらいの息が欲しいですか?

など^^


全てがひつつながりだということについては、
「静かなるオトトレ」でとても重要にレクチャーしていきますので、
まだ未受講の方は是非、初級コースからご利用ください^^

ウタイアートカンパニー
https://utaiartcom.com
楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事