ウタイアートカンパニー
BLOG

オトトレ ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 全部
  4. 裏声の出し方

裏声の出し方

裏声の出し方についてリクエストをいただきましたのでお答えします^^

輪状甲状筋を甲状軟骨を傾け声帯を伸張させる・・披裂筋は低音や地声優勢なので使用する際に喉絞めが起きないよう注意する・・というのが理論となりますが、
レッスンでこのように説明することはほぼありません。

それぞれの感覚にあった「行動」で説明することがほとんどです。

ウタイアートカンパニーではエネルギーワークを大切にしているので、
「裏声」の「道筋」をイメージし、そこへ「息」を送り届ける発声を行ったりします。
文章だとお伝えしにくいですが、指や目線で実際に「線を描く」のです。

イメージできたものは実現しやすくなります^^
自分を内観し、どこに「息の通り道」があるのかを感じましょう。


道筋がイメージしにくい方は、「は行」での発声を試しましょう。
「は行」は他の言葉に比べ息を多く使うので裏声に切り替わりやすいですから、
「ファー」とか「フォー」とか「ヤッホー」とか、ハイテンションで言ってみると
案外あっさり裏声になります^^



その他、深呼吸やため息に音を乗せたり、動物の鳴き真似をしたり、
いろんな方法がありますよ^^


その他、一般的なトレーニングとしては、
「あくび」「鼻歌」などがあります。

ただ、気をつけなければならない点があります。
「あくび」ですが、喉付近の筋肉を下げすぎてしまうのは危険です。
真面目な方が一生懸命ゆえにやりすぎてしまい、硬直を促してしまうことは良くあります。
「あくび」そのものというよりは、口腔内を開くときの参考程度・・の認識にとどめ、
いつでもリラックスでき、言葉が紡げる状態を目指しましょう。


「鼻歌」ですが、地声でもできることですから、無理にキーを高く設定するのは危険です。
声にならなくてもいいので、鼻息を吐くようなイメージで、
喉に圧力がかかりすぎないようにしましょう。
抜け道がわかってから、声にして見ましょうね。
声にするためには、声帯が触れている状態にするわけですから
そこには「パワー」が生まれます。
それは「パワー」であり、「力み」ではありません。
あまりにも疲れがある場合、痛みがある場合はやり方が間違っている恐れがあります。
強めの裏声を出す際には声帯を閉じ気味にもしますが、
「いつでも開けられ、またいつでも閉じられる柔軟な状態」が望ましいです。
エッジボイスから裏声にする場合も、ブレスの量には十分注意しましょう。
閉じているところにたくさんの息を当てるのも危険です。
一括りに、「裏声だから」と安易に息を増やすのはやめましょう。
他にも、目玉のおやじやミッキーも裏声なのでものまねも良いですね^^

方法は様々です^^
あなたにぴったりあった方法を探しましょう^^
最速はやはり「習うこと」です^^

LET'S!体験レッスン^^
https://utaiartcom.com
楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事