ウタイアートカンパニー
BLOG

オトトレ ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 全部
  4. ダイナミックとコンデンサーの違いとおすすめ

ダイナミックとコンデンサーの違いとおすすめ

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの違い&おすすめの定番マイク

マイクって種類ありすぎじゃない????どれを選べばいいの?

形も値段も全く違うマイクたち。どれがいいのか、はじめはわかりません。
私も、店頭で1時間ぼーっと見てたことがあります笑

ここでは
コンデンサーマイクダイナミックマイクとの違いをご紹介します^^

マイクの種類や他の知識に関しては、他の記事をご覧ください^^
指向性についてはこちらに書いてます^^

丈夫で扱いやすいダイナミックマイク!ど定番はSM58

SHURE ( シュア )SM58SE 【国内正規2年保証】【送料無料】

価格:12,141円
(2020/3/6 09:21時点)

ちなみに、上の商品はダイナミックマイクのど定番商品、SHURE SM58(SM58SE)のスイッチ付き型です^^
ライブハウスに行けばほとんどの確率でこのマイクに会える・・くらい定番モデルなので、
初めてのマイクに買う方が多いですが、
ライブハウスやスタジオに行けば置いてあるマイクだし、貸してもらえるので
もしも予算的に1本しか買えない、とかでしたら、
個人的には他のマイク買ったほうが良いような気がします^^

もちろん、衛生面やマイク慣れを気にされる場合、予算がある場合、一本は手に入れたいです!!
私ももちろん持ってます^^

ダイナミックマイクの特性は?

ダイナミックマイクはとてもシンプルに使えます♫

まず、丈夫。

マイクって、たまに、落とすんです・・・。

なんということでしょう、とても怖い・・!

ダイナミックなら大丈夫!・・とは言えませんが、
私はライブハウスの床に落としたことは数えきれないほど・・
凹みながらもSM58マイクくん、まだ壊れてません。

マイクくんが私の元にきたことを後悔してませんように・・・
そして、
ハウリングが発生しにくい!
ハウリングとは、ピーピー音がなるあれです。
(もちろん、ゼロではありません。)

しかし、コンデンサーよりも感度が低いので

ライブにおすすめのマイクです!

どんなライブハウスやイベントでも使わせてもらいやすいです。

なぜなら、

マイク自体に電源を供給する必要が無いから!
それについては下のコンデンサーのところで書きます^^
ダイナミックにはいらないよってことです^^

ダイナミックマイクは万能なのでお気に入りの1本は手に入れましょう^^

コンデンサーマイクの中でもライブにおすすめのものがあります!

え、ダイナミックがオススメって今言ったやん・・・・と思いますよね、そうですよね笑

最近では、ライブ使いに改良されたコンデンサーが沢山販売されています!

コンデンサー ハンドヘルド タイプ! audio technica AT2010

AT2010 オーディオテクニカ コンデンサーマイクロホン audio-technica

価格:10,557円
(2020/3/6 10:25時点)

はじめにお伝えします、私、このマイクは持ってないです・・・!
ただ、1、2度使用したことがあります。。。
1万円以下で人気のマイクなので今回貼り付けさせていただきました。

手で持てるコンデンサーマイクでございます!

やっぱり、音質の違いは歴然です。

ただ、どちらが良い悪いというより、
どちらのキャラクターが好きかどうか、だと思います^^

息の音を聞かせたい、
些細な表現も大切にしたい、

そんな方にオススメです!

コンデンサーはレコーディングが得意!

コンデンサーマイクといえばレコーディング!

と言っても過言ではありません^^

何と言っても感度が高い!
幅広い周波数の音を拾います!

その分、ハウリングを起こしやすく、雑音を拾いやすいので、
静かな環境じゃないといろんな音が入っちゃいます。

メッッチャ良いマイクだと逆に環境音が入りすぎて
宅録で使いにくいときもあります。

宅録におすすめ。コンデンサーマイク RODE NT-1A

これ、今現役で使ってます^^

あまり静かとはいえない環境・・でもなるべく声の良さがわかるように録りたい・・
くらいのシュチュエーションにはもってこい!

静かなるまったりラジオはこれで録ってます^^
聞いたことない方は松尾静香のHPメディアページから聞いてね^^

米国EM誌において2003年度EDITORS CHOICE受賞など、こちらもど定番マイク!

RODE ( ロード ) NT1-A ◆ コンデンサーマイク ( NT-1A )【NT1A】 [ 送料無料 ]

価格:24,200円
(2020/3/6 10:41時点)

ポップガード付きショックマウント、マイクケーブルがセットになっているのも最高^^

ポップガードとは、発声時の歯列音などを軽減してくれるもので
ほぼ必須です。

マイクケーブルはダイナミック、コンデンサー共に必須です。

コンデンサーマイクにはファンタム電源が必要です!

ダイナミックにはいらないけど、コンデンサーに必要なもの、それはファンタム電源。

なんかかっこいい名前。

だけではなく、とても重要なんです。


コンデンサーマイクはそのまま出力をすると音量がとても小さく、
ただ繋いでも音がならないんです。

なので、コンデンサーのマイクにはアンプ回路が入っていて、
それを駆動させるために電源が必要なのです^^

なので、コンデンサーマイクを使用する際は、
必ずライブハウスやイベント主催者に確認しましょう♫ 
ファンタム電源を搭載していないPA機材の場合、音がなりません・・・・! 
そんな時は、自分でファンタム電源を(もしかしたらマイクケーブルも)用意する必要があります。

BEHRINGER ( ベリンガー ) PS400 MICROPOWER シグナルプロセッサー ファンタム電源

価格:3,575円
(2020/3/5 18:53時点)

わかんないときは定番を買っておこう!

ということで、ダイナミックとコンデンサーの違い、何となくわかってもらえましたか?^^
下記のサイトがとっても安いので利用して見てくださいね^^
楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス

ウタイアートカンパニー
https://utaiartcom.com
体験レッスン50分2000円

楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事