ウタイアートカンパニー
BLOG

オトトレ ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 全部
  4. コーチングとは

コーチングとは

コーチングってご存知ですか?

最近、とても注目されているので耳にしたことがあるよ!という方も多いと思います^^

コーチングは
その人の中にある可能性を最大限生かせるよう、サポートする動きをさすようです。

問いかけることで、生まれたその人の気づきや答え、感情を聞き、
自発的に行動を起こせるよう促し、
その人がその人のために自分らしさを開拓できるようにしていくものだと私は捉えています。

問題解決能力上や自主性、コミニュケーションの向上が期待できるとされており、経営者や企業、個人でも活用され、
他にもアスリート、著名人、世界的なリーダーもコーチングを経て様々な問題を解決しているそうです。

カウンセリングやコサンルティングとも違い、
コーチングでは必ず相手が主体となります。

私のオトトレ ・ボイトレも、
コーチングの要素が入っています。

なぜなら、正解は人によって違うからです。
トレーナーとして10年以上様々なセッションをしていますが、
時折、自分が「教えよう」と思っていることは傲慢ではないか、
相手の可能性を奪っているのではないか、と悩むことがありました。
自分の正解を押し付けている気がして、怖くなったのです。

多くの人は「教わりに」きているのですが、
その内容さえ、本当は自由なんですよね。
ですから、
相手を主役にするために、どう伝えればいいのかをずっと考えていました。

そこで行き着いたのは、「相手の話を聞くこと」です。

当たり前では?と思われるかもしれませんが、
「講師」をしていると、
「ちゃんと教えなきゃ」「ちゃんと伝えなきゃ」
「何か一つでも持ち帰ってもらわなくちゃ」
「勉強になった、と思わせなくちゃ」
と、必死になってしまうことがあるのです。

言葉だけ聞けば熱心に思えますが、
これは全て、「教えた感で私が気持ちいい」だけなんですね。

相手に集中する。

勿論、「レッスン」の場合、「教える」というワークが発生するので
私のオトトレ ・ボイトレは、コーチングではありません。
様々なものが混ざり合っています。
中には、ほとんどすべて自分で答えを出す生徒さんもいるので
その時は「コーチング的」な伝え方をしたということです。

似たものでも、定義や名前が違うことがたくさんあります。
し足、新たな可能性や、気づいていない魅了、
選択肢はたくさんあることなど、
その人の素晴らしさが、本人に伝わり、自分らしいスタイルを発見し
輝いている姿に喜びを覚えることに、違いはないのでは?と思っています^^

音は、心と非常にリンクしています。

ということで、
ZOOMイベントの開催です。

無料なのでお気軽にアクセスください^^

楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事