ウタイアートカンパニー
BLOG

オトトレ ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 全部
  4. 音を出さない練習法6個!

音を出さない練習法6個!

歌の練習をしたけれど、ご近所さんや家族の目が気になる・・
アパートから追い出される、といった悩みを抱えている方は
非常に多いかと思います。

カラオケボックスやバンドスタジオなどに入って
思いっきり練習するのも一つですが、
日々の中、気軽にできる練習方法を身につけておきましょう。

1・ハミング
   上記の、体調不良の時の練習法でもおすすめしました。
    鼻歌程度のボリュームでも十分に効果があります。  
    唇は軽くつむり、振動が感じられる意識をしてください。
    鼻腔も同じです。
    斜め上を狙うように、鼻筋に通すよう息を送りましょう。

2・リップロール
    こちらも上記同様です。唇をより震わせるので
    腹圧をさらに感じることができると思います。
    できない方は、顔や唇をマッサージし、力を抜きましょう。
    こちらはまた後日、やり方をご紹介します。

3・リップロールから、ハミング
    フレーズの頭はリップで、そこからハミングに切り替えます。
    うまく切り替われば息の流れがスムースな証拠です。

4・空歌
    言葉が正しいかはわかりませんが、私はこうよんでいます。
    コソコソ話をするように、声を出さずフレーズを歌います。
    声帯の開閉を意識できますし、省エネな歌唱の一歩めともなります。

5・エッジ(ボーカルフライ)
    呪怨の「あ”ー」という言葉のように声を出します。
    声帯の閉鎖を意識でき、息漏れを防げます。

6・リズムに合わせて歌を読む
    音程レスでリズム強化の練習ができます。
    リズムは物事の基本です。
    1拍はもちろん、半拍、その半分・・と、
    細かい音符を感じて行きましょう

楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事