ウタイアートカンパニー
BLOG

オトトレ ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 全部
  4. 歌唱時の顎について

歌唱時の顎について

歌を歌っている時、自分の顎がどんな動きをしているか知っていますか?

ほとんどの方が無意識に動かしていると思います。
一々気にしていては歌に集中できませんので、
勿論それで構いませんが、「知っておくこと」はとても重要です。

先日のレッスンでも、顎の開き方を変えただけで
格段に声の出がよくなった方もいらっしゃいます。

今回は、顎について少しお話いたします。
顎の関節は、ちょうど耳の前あたりにあり、
そこを抑えながら口をパクパクすると動いているのが確認できます。

残念ながら、その関節から正しく口を開けられている人は ほとんど、いません。

ちなみに私もこれで顎関節症になりめちゃくちゃ困りました。


一言でいうと、

下あごは、斜め下に落とすものです。


前に出たり、上を向いたりするものではありません。

たったこれだけを知っているだけ、
歌の寿命は長くなります。



しかし、現代の歌唱に置いて、
上記はかならずしもNGではありません。

ひまわりの歌で有名なあの歌手も、
顎を突き出すように歌っています。
大切なのは力の向きです。

上に、前に、を刷り込まれた私たちの脳みそでは
下あごを突き出す発声は不向きです。
ですが、その刷り込まれた概念を変えてやれば、
ボリュームを望まない場合、美しい歌となります。
(トップは別ですよ)
ボリュームを望む場合は、下顎を突き出す発声はおすすめしません。
基本の顎の使い方はまた別の記事にて書かせていただきます。

そしてもう一つ、大切なことがあります。
人気ロックミュージシャンが、顎をこわばらせて歌っている場合があります。

エモーショナルでかっこよく見えますよね。

でも、よく声を聞いてください。
そこだけピックアップした場合、
美しい声、という訳ではないはずです。

それは、表現なのです。
苦しんでいるように聞かせたいのに
飄々と歌っていては興ざめですものね。

歌は心。
表現の上では、正しさは不要な場合があります。


顎の開け方について、
詳しく知りたくなった方は、
ウタイアートカンパニーへご相談くださいませ♪

https://utaiartcom.com
楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事